インクにもさまざまな種類があります

印刷をするときにはインクが必要ですが、これにかかる費用というのは決して安いものではありません。一枚あたりにかかる費用というのは高いものではありませんが、一枚印刷をしてそれでおしまいというものではありませんから、印刷量が多くなる法人などからするとかなりの費用が発生してしまうことになります。そのため、この部分をどれだけ安くおさえることができるのかというのが印刷コストの節約につながるのですが、そのような時には純正品以外にもいくつかの種類がいあるということを覚えておくと上手に節約をすることができます。それぞれに利点があるので、特長を踏まえておくとどれを使用すれば良いのか判断をしやすく、頭を悩ませがちな印刷コストをおさえることができるのです。

お金にこだわらなければ純正品が一番

インクの中でも最も代表的なものが、プリンターのメーカーが出している純正品です。これはその機器が最も性能を発揮することができるように調整されているものとなっているため、品質面に関しては最も高いものとなっています。そのため、品質を重視する人が最初に選ぶ候補となるものになります。もうひとつ忘れてはならない特徴として、メーカーというのは純正品を使用することを前提としているので、社外品を使用して起こったトラブルには対応をしてもらうことができません。つまり、純正品以外のものを使ったことによって不具合などが起こった場合には、その瞬間に保証が切れてしまってインクと全く関係のない部分であっても保証が切れてしまいサポートが受けられなくなるので注意をしなければなりません。

互換カートリッジと詰め替え用がある

社外品のものとしては互換カートリッジがあり、これは純正品と同じようにそのまま本体にセットして使用をすることができます。価格も純正品の半分以下あるいは数分の一まで下がるものがあるので、手間を掛けずに安くすることができることを考えると非常に優秀な選択肢となります。詰め替え用は文字通り、空になったカートリッジに自ら詰め替えて使用するもので手間がかかりますがコストは最安に近く、純正品と比較をした時に十分の一近くまでおさえられることもあります。費用の面ではこれらの社外品が有利となるのですが、品質面での問題であったり必ずしもそのプリンターに適した作りになっているとは限らないため、トラブルの原因になってしまうこともあり、インク詰まりを起こしてしまう可能性など注意をしなければなりません。