インク選びで知っておきたい基礎知識

インクには純正品や社外品など様々なものがあり、どれを選んで良いのか迷ってしまうことも少なくありません。お金の都合がなければ純正品を選んでおけば問題はないのですが、純正品は高いので社外品を選んでみたいと考えているのであれば、社外品にはどのような利点があり欠点があるのかということを理解しておく必要があります。社外品が一概に悪いということはありませんが、基礎知識がなければリスクのある買い物となってしまうだけに注意が必要です。リスクを理解した上で社外品を使うのは悪くありませんし、安全性を重視して純正品を使うというのもひとつの考え方となりますから、それぞれどのような違いがあるのかということを理解して選ぶ際に参考にしてみるというのが良いでしょう。

品質が保証されているのが強みの純正品

純正品というのは価格面で少し高くなっている部分がありますが、その分品質面の保証があるので安心です。品質面の保証というのは、印刷結果だけでなくそれを使ったことによって機器に問題が生じたときにもメーカーが保証をしてくれるというものになります。そのため、純正品の高い金額というのは安心料だと思えばいいということになるのです。安心料だけでなく、そのプリンターに最も適合するように作られたインクなので印刷品質に関しても社外品よりも高い結果となるため、綺麗に印刷をしたいというときにも純正品を選べばいいということになります。基本的には純正品を使用することを前提とされているので、どうしてもお金を節約したいという事情などがない限りは、こちらを選んでおけば間違いありません。

印刷コストが安くなるのが大きな利点

社外品のインクにはカートリッジに入ったものと詰め替え用のものがありますが、どちらも純正品と比べると価格が安いのが特徴となっています。特につめかえ用の場合には、10分の1以下にまでコストを抑えることもできるため手間はかかりますがコストを下げたいときには適しています。それでは社外品にはどのようなリスクがあるのかというと、メーカーが使用を想定していないだけにどのような問題が起こるかわからないということです。粗悪なものなどの場合には、詰まってしまって機器の故障などにつながってしまう恐れもあるので注意をしなければなりません。また、社外品を使用して問題が発生した場合にはメーカーからのサポートが受けられなくなるので、このようなリスクが有ることを理解した上で社外品を選ぶことが重要となります。