目的に合ったインク選びをしましょう

インクは純正品と社外品があり、どちらにも一長一短があります。どちらを選ぶのかというのは目的に合わせて選ぶことになりますから、それぞれの長所と短所を理解しておくことが大切です。お金はいくらかけてもいいという状況にもかかわらず、品質が劣る代わりに安価な社外品を選んでも意味がありませんし、逆にできるだけお金をかけたくないというのに純正品を選ぶというのは賢い選択だとはいえません。目的を明確にして純正品と社外品の特徴を理解しておけば、必然的にどちらを選んで良いのか答えがでることになります。印刷というのは長い目で見たときには、決して安くない費用がかかるものとなっているだけに一番目的にあったものをしっかりとよく考えて選ぶことが重要な事になってきます。

品質を重視するのであれば純正品

品質を重視する、あるいは高価なプリンターを購入したばかりというときには純正品のインクを使うことになります。純正品は社外品と比較をするとかなり高額になってしまいますが、品質面や保証面に優れているので品質を重視したり保証を重視するときには純正品を選ぶことになるのです。純正品はそのプリンターの性能を最大限に発揮されるようになっていますから、品質を重視するときはもちろんのこと、トラブルが発生したときにもメーカーから保証をしてもらうことができるので保証期間中のプリンターを使用する時に安心です。特に高価なものの場合、社外品を使用して故障をして保証期間内にも関わらず保証が受けられなくなったとなっては、目も当てられませんから保証期間中は純正品を使用するのが無難です。

とにかくコストを抑えたいなら社外品

品質が劣ったり、多少リスクがあってもコストを抑えたいというのであれば社外品を使用するのが最適です。社外品のインクと言っても純正品と比較をして見ることができないほどに品質が劣るということはありませんし、文書などを印刷するのであれば大きな差を感じられることはほぼないといえます。文書以外でも地図や簡単な図形程度であれば、それほど品質が重視されるわけではありませんから、コストが抑えられる利点は大きいといえます。社外品を使用すると保証が受けられなくなるという欠点がありますが、すでに保証が切れているのであれば使い潰す覚悟で社外品を使うことによってコストが抑えられます。純正品よりは相性が悪いと言っても、社外品を使用するとすぐに壊れてしまうということもないだけに平均的に見れば保証期間が切れたものは社外品を使用したほうがコストは抑えられます。